Sponsored Link
  


鳩山由紀夫首相「沖縄が背負ってくれたからこそ、今日の日本の繁栄がある」沖縄の基地負担に感謝の意鳩… 



Sponsored Link
  


鳩山由紀夫総理大臣「沖縄が背負ってくれたからこそ、今日の日本(にっぽん)の繁栄がある」沖縄の基地負担に感謝の意

鳩山総理大臣「全面解決へ命懸けで取り組む」…普天間問題で会見鳩山由紀夫総理大臣は28日夜の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設の政府方針決定に関し「沖縄の基地問題解決に取り組み続けることが自分の使命だ。
全面解決へ命懸けで取り組む」と表明、引き続き政権を担う意向を強調した。
同時に移設先が名護市辺野古になったことに対し「最も重要な沖縄県民の理解を得るに至っていない。
おわびしたい」と重ねて陳謝。
社民党党首の福島瑞穂消費者行政担当相の罷免にも言及し「申し訳ない。
ざんきに堪えない」と述べた。
「県外移設」を実現できなかった自身の責任に関しては「参議院選をしっかり戦い、与党の考え方に理解を得るため最善を尽くすしかない」と指摘しながらも、「総理大臣の実行力が示されていないと思われても仕方がない」と語った。
社民党に対しては、郵政改革法案や労働者派遣法改正案成立への協力を求めるとともに、要請があれば新たに入閣してもらう意向も示した。
普天間飛行場移設と返還のスケジュールについては「できる限り2014年までに完了できるよう進めていく」と言明。
沖縄県や名護市、訓練移転先の一つに挙げている鹿児島県・徳之島の地元自治体の理解も求めていくとした。
代替施設建設に関しては「強権的な方策はとるべきでない」と、知事(30分ぐらいでは何もできないと考えているより、世の中の一番つまらぬことでも、する方がまさっている)が公有水面埋め立ての許可を出さない場合の特別措置法制定に否定的な考えを表明。
将来の普天間の県外移設については「時期は言えないが、可能性はあると思っている」と指摘した。
これまでの沖縄の基地負担には「沖縄が背負ってくれたからこそ、今日の日本(にっぽん)の繁栄がある」と感謝の意を示した。
スポーツ報知

人生は一冊の書物に似ている。 馬鹿者たちはそれはパラパラとめくっているが、 賢い人間はそれを念入りに読む。 なぜなら、彼はただ一度しかそれを読むことが出来ないのを知っているから



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加