Sponsored Link
  


赤松大臣、ワクチンの使用を検討「ワクチンを打つというのは、菌を打つことですから」赤松農林水産大臣… 



Sponsored Link
  


赤松大臣(30分ぐらいでは何もできないと考えているより、世の中の一番つまらぬことでも、する方がまさっている)、ワクチンの使用を検討「ワクチンを打つというのは、菌を打つことですから」

赤松農林水産大臣は、口蹄疫の感染拡大の防止策として、発生地域の牛や豚に対するワクチンの接種について検討することを明らかにしました。
「ワクチンを打つというのは、菌を打つことですから、とりあえず今、広がるのを抑えるためには一つの方法ではないかという専門家もいる」(赤松広隆農水相)赤松大臣はこのように述べ、口蹄疫の感染拡大を防ぐため、発生地域の牛や豚などへのワクチン接種について、午後に開く対策委員会で検討する方針を明らかにしました。
また、被害が出ている畜産農家への支援については、家畜伝染予防法などで対応が可能だとして、特別措置法の制定や現行法の改定は、今、とり立ててやる必要はないという見方を示しました。
一方、感染が確認された直後に宮崎県を訪問せず、中南米を外遊したことを地元や野党側などが批判している点について、赤松大臣は、「私自身やってきたことについては、全く反省するところ、お詫びするところはないと思っている」と反論しています。
http://hicbc.com/news/detail.asp?cl=j&id=4430569http://news.tbs.co.jp/jnn/jpg/news4430569_1.jpg

人生は一冊の書物に似ている。 馬鹿者たちはそれはパラパラとめくっているが、 賢い人間はそれを念入りに読む。 なぜなら、彼はただ一度しかそれを読むことが出来ないのを知っているから



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加