Sponsored Link
  


腹回り100cmの副大臣武見・石田氏、厚労省HPで公開ダイエット…「私のおなかを見て、皆さんもメタボ退… 



Sponsored Link
  


腹回り100cmの副大臣(多くの人々が永遠に続く生命を望んでいる。しかし彼らは、雨の降る日曜の午後になにをすればいいのかわからないで困っている)武見・石田氏、厚労省HPで公開ダイエット…「私のおなかを見て、皆さんもメタボ退治を」

メタボ副大臣、厚労省HPでダイエット日記公開武見・石田氏、腹回り100センチ「予防が大事」厚生労働省の太めの副大臣2人が、メタボリック・シンドローム(内臓脂肪症候群)の予防を身をもって訴えるため、4日から、ダイエット記録「厚生労働副大臣のメタボ退治」を同省ホームページ(HP)で公表する。
同症候群は、糖尿病など生活習慣病の前兆と言える状態。
男性では、ウエストの周囲径(腹囲)が85センチ以上、女性では90センチ以上が診断基準の一つで、予備群も含めると、国内に2000万人いるとされる。
4、5年前から体の重さが気になっていたという武見敬三副大臣(55)は、身長166センチ、体重84キロ、腹囲は100・5センチで、典型的な「メタボ体形」。
ラグビーでならした学生時代と比べ、20キロ近く増えたという。
「立場上、これではまずいだろう」と公開ダイエットを決意、半年で体重5キロ、腹囲5センチ減を“公約”に掲げる。
夜食を断ち、大好きな甘い炭酸飲料も我慢する。
武見副大臣を上回る腹囲101・5センチの石田祝稔副大臣(55)も、半年で6キロ、腹囲6センチ減を目指す。
HPでは、腹囲や体重のほか、歩数や、階段の上り下り、飲酒量などの記録を週1回更新。
写真も随時掲載する。
武見副大臣は「これで逃げも隠れも出来ない」、石田副大臣は「私のおなかを見て、皆さんもメタボ退治を」と話している。
2人の健闘ぶりは、厚労省HP(http://www.mhlw.go.jp/)で。
(2006年12月2日)http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20061202ik01.htm参考石田祝稔副大臣http://www.kochinews.co.jp/senkyo/parts/00idom03.jpg公式http://www.ishida21.gr.jp/武見敬三副大臣http://www.asahi.com/sympo/anzen/images/takemi.jpg公式http://www.takemi.net/

われわれの職業の大半は狂言である。そのたずさわる役目が変わるたびに、新たな姿や形をとり、新たな存在に変質する者もある



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加