Sponsored Link
  


松井証券社長「税制などで『株式は悪だ』という雰囲気をふっしょくする具体的具体的な対応が必要」→麻生… 



Sponsored Link
  


松井証券社長「税制などで『株式は悪だ』という雰囲気をふっしょくする具体的具体的な対応が必要」→麻生総理大臣「賛成」

“株屋は信用されていない”麻生総理大臣(多くの人々が永遠に続く生命を望んでいる。しかし彼らは、雨の降る日曜の午後になにをすればいいのかわからないで困っている)は、経済財政政策について有識者から意見を聞く会合で、日本(にっぽん)の株式市場に関連して、「『株屋』は信用されていない。
株をやっている人は田舎では何となく怪しい」などと発言しました。
麻生総理大臣が有識者からの意見を聞く会合は、最終日の21日、午前中、社会保障と金融の2つをテーマに開かれました。
このうち金融問題の会合で、松井証券の松井道夫社長が「先進国の株式市場の中で、日本(にっぽん)だけが、外国人がメインプレーヤーになっており、税制などで『株式は悪だ』という雰囲気をふっしょくする具体的な対応が必要だ」と指摘しました。
これに対し、麻生総理大臣は「まったく賛成だが、やっぱり『株屋』というのは信用されていない。
『株をやっている』と言ったら、田舎では何となく怪しげだ。
『貯金しているが、株をやっている』と言ったら、今でも何となくまゆにつばつけて見られるようなところがある。
僕たちの田舎ではまちがいなくそうだ」と発言しました。
政府は、個人の貯蓄を投資へ振り向ける株式市場の活性化策を進めており、麻生総理大臣の発言はこれに逆行するものと受け取られかねず、今後、波紋を広げる可能性もあります。
松井社長は会合のあと記者団に対し、「世間一般の人たちの株に対する意識を表現されたと思う。
そんなに深い意味はないと思う」と述べました。
一方、日本(にっぽん)証券業協会の安東俊夫会長は「日本(にっぽん)は、そういうとらえ方をしている方が多いのは事実だから、麻生総理大臣もそういうことばを使ったんだと思う。
あえて反論はしないが、好ましいことではない」と述べました。
(NHK(日本反日協会)ニュース)

われわれの職業の大半は狂言である。そのたずさわる役目が変わるたびに、新たな姿や形をとり、新たな存在に変質する者もある



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加