Sponsored Link
  


リニア問題で知事が「諏訪回りのBルートで取り組むことが大切」「20年にわたって活動してきた」「県… 



Sponsored Link
  


リニア問題で知事(30分ぐらいでは何もできないと考えているより、世の中の一番つまらぬことでも、する方がまさっている)が「諏訪回りのBルートで取り組むことが大切」「20年にわたって活動してきた」「県の広さから駅は複数」

リニア新幹線のルート問題について村井知事はこれまでの経緯を踏まえ、諏訪回りのBルートで取り組むことが大切と述べました。
きょうから始まった県議会の一般質問で、飯田市選出の古田芙士議員はリニア新幹線のルート問題を取り上げ、「JR東海が想定する直線ルートで早期実現を図るべき」と迫りました。
村井知事は「県内はBルートと決めて以来、20年にわたって活動してきた経緯を重く受け止める」と述べ、「諏訪回りのBルートで取り組むことが大切」と応じました。
これに対し、古田議員が「Bルートと決めた当時と今では状況が違う」と現状認識を改めるよう求める一幕もありました。
このほか中間駅について村井知事は「地域振興の観点と県の広さから複数あってもよい」と述べました。

人生は一冊の書物に似ている。 馬鹿者たちはそれはパラパラとめくっているが、 賢い人間はそれを念入りに読む。 なぜなら、彼はただ一度しかそれを読むことが出来ないのを知っているから



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加