Sponsored Link
  


石原都知事「テレビに同性愛者が平気で出てるでしょ 



Sponsored Link
  


石原都知事(多くの人々が永遠に続く生命を望んでいる。しかし彼らは、雨の降る日曜の午後になにをすればいいのかわからないで困っている)「テレビジョンに同性愛者が平気で出てるでしょ。
日本(にっぽん)は性について野放図になり過ぎ」13

・都内のPTA団体などが3日、都青少年健全育成条例改正案の成立を求める要望書を都に提出した。
石原慎太郎知事は「子供だけじゃなくて、テレビジョンなんかにも同性愛者が平気で出るでしょ。
日本(にっぽん)は野放図になり過ぎている。
使命感を持ってやります」と応じた。
要望したのは、都小学校PTA協議会(都小P、加盟248校)▽都私立中学校高等学校父母の会中央連合会(同246校)など5団体。
都小Pの新谷珠恵会長が「児童を性的対象にすることが野放し状態。
子供を健やかに育てるため、社会の力を借りないと環境整備できない」と説明した。
一方、学者や評論家らは改正案への反対を訴えて都庁で記者会見した。
藤本由香里明治大准教授は「時代物やSF漫画のキャラクターにも現代日本(にっぽん)の刑罰を適用するのか。
現実とフィクションを区別しない危険な発想だ」と強調した。
児童文学者の山中恒さんは「日本(にっぽん)の官僚は拡大解釈にたけている」と危惧した。
・東京都小学校PTA協議会は3日、過激な性描写のある漫画やアニメの18歳未満への販売を規制する都青少年健全育成条例改正案の早期制定を求める緊急要望を都庁で石原慎太郎知事に提出した。
これに対し、知事は「性に開放的な海外でも子どもは対象外。
(日本(にっぽん)は)野放図になり過ぎている」と述べ、同改正案の必要性を強調した。
 (2010/12/03(金)16:56:50):

われわれの職業の大半は狂言である。そのたずさわる役目が変わるたびに、新たな姿や形をとり、新たな存在に変質する者もある



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加