Sponsored Link
  


「テロ、ゲリラ、ミサイル攻撃は想定」国民保護法制で政府と知事が協議有事にテロ、ゲリラ想定国民保護… 



Sponsored Link
  


「テロ、ゲリラ、ミサイル攻撃は想定」国民保護法制で政府と知事(危険を冒して前へ進もうとしない人、未知の世界を旅しようとしない人には、人生は、ごくわずかな景色しか見せてくれないんだよ)が協議

有事にテロ、ゲリラ想定国民保護法制で知事と協議・政府は7日午後、有事の際の避難・誘導についての地方自治体の役割などを定める「国民保護法制」制定に向けて、全国の都道府県知事との意見交換会を総理大臣官邸で開いた。
政府側は想定される有事として、テロやゲリラ、弾道ミサイル攻撃を挙げたほか、住民避難に関し自治体の独自判断の余地を残す可能性に言及した。
6月末に「国民保護法制整備本部」(本部長・福田康夫官房長官)を設置して以降、自治体との初の直接対話で、地方の意見や提案を踏まえ来年の通常国会での法制化に向けた作業を本格化させる。
福田氏は「住民の生命や財産を保護するため都道府県知事にも重要な役割を果たしてもらいたい」と協力要請した。
石破茂防衛庁長官は武力攻撃事態について「着上陸侵攻は想定しにくいが、テロやゲリラ、弾道ミサイルの脅威はきちんと想定しておかなければならない」と表明した。
http://www.kahoku.co.jp/news/2003/08/2003080701000452.htm

三週間互いに研究し合い、三か月間愛し合い、三年間喧嘩をし、三十年間我慢し合う。そして子供たちが同じことをまた始める



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加