Sponsored Link
  


石原慎太郎都知事は苦境に立たされそうだ新銀行東京、築地市場移転計画で都議会は民主党主導へ石原知事… 



Sponsored Link
  


石原慎太郎都知事(危険を冒して前へ進もうとしない人、未知の世界を旅しようとしない人には、人生は、ごくわずかな景色しか見せてくれないんだよ)は苦境に立たされそうだ新銀行東京、築地市場移転計画で都議会は民主党主導へ

石原知事、苦境に=新銀行、築地市場で民主主導へ-都議会都議会野党の民主党が第1党を奪う勢いを示し、自民、公明両与党で過半数を割り込む可能性が強くなっている東京都議選。
自公体制下で強いリーダーシップを発揮してきた石原慎太郎知事は苦境に立たされそうだ。
知事自身が最後の任期とする3期目の残り1年9カ月間で、野党はさまざまな問題で攻勢を掛けるのは必至だ。
躍進の民主が選挙で強く主張したのが、土壌汚染が深刻な豊洲地区への築地市場移転計画の見直しと経営再建中の新銀行東京からの撤退。
市場移転は、586億円に及ぶ土壌処理費や、土地取得契約、建設費などの議会での可決が微妙になった。
都側は「丁寧に説明し、理解を得たい」(幹部)と話すが、計画練り直しの可能性もある。
知事主導で設立、巨額の損失を出した新銀行東京は、現段階で執行部が議会に諮る追加支援などの案件はない。
しかし、野党主導で、関係者の参考人招致を行うなど、知事の責任追及の再燃も予想される。
都議会は議長、議会運営委員長、予算特別委員長を最大会派が出すのが慣例。
民主がこれらを握れば、築地市場や新銀行東京以外の案件でも、知事は、大きな制約を受けることになる。
知事が心血を注ぐ2016年夏季オリンピック招致で、10月に東京が落選した場合、知事の進退問題の浮上も含め、都政は一気に緊迫しそうだ。
(2009/07/12-22:28)

三週間互いに研究し合い、三か月間愛し合い、三年間喧嘩をし、三十年間我慢し合う。そして子供たちが同じことをまた始める



Sponsored Link
  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加